これからが華

還暦や完職・叙勲・結婚記念日・喜寿・米寿など、
第2の人生のスタートに

  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01
  • thumb01

賀の祝い、賀寿の祝いともいいます。もともと中国の風習だったのですが、奈良時代に日本に伝わり、平安時代には貴族たちの間に広く行われるようになりました。当初は数え年四十歳の「初老の賀」から始まり、十年ごとに賀の祝いを行っていました。数え年六十一歳の「還暦」、七十歳の「古希」、七十七歳の「喜寿」など、現在も行われている長寿祝いは、室町時代に始まり、江戸時代に一般庶民の間にひろがったものです。

人の世は山坂多い旅の道 
年令の六十一に迎えがきたら

還暦 六十一才 とんでもないよと追い返せ
古希 七十才 未だ未だ早いとつっぱなせ
喜寿 77才 せくな老楽これからよ
傘寿 八十才 なんのまだまだ役に立つ
米寿 八十八才 もう少しお米を食べてから
卒寿 九十才 年齢には卒業はない筈よ 
白寿 九十九才 百歳のお祝いが済むまでは
茶寿 百八才 まだまだお茶が飲み足らん
皇寿 百十一才 そろそろゆずろうか日本一
念ずれば花ひらく

ご来店から写真ご購入の流れ

ご来店

写楽館へご来店いただきます。

衣装合わせ

アルバムで衣裳を選び、ご試着して決定します。

美容・着付

ご希望を伺いながら美容師や着付師がお支度をします。

撮影

撮影前にお好きなシチュエーションを伺い、ご提案もさせていただきます。

セレクト

大画面のモニターでゆっくりお写真をお選びいただきます。

プリント・製作

写真をセレクトしていただいてから約2週間でお渡しとなります。

このページのトップへ

Copyright(c) 2014 SHARAKUKAN CORPORATION. All Rights Reserved.